STAFF MESSEAGE

多くの感謝の言葉や多くのスキルを身に付けられる環境です

店舗主任 / 新卒入社
11年目 花田綾佳

—この仕事を選んだ理由は?

「ありがとう」とたくさん言っていただけるので、
 こちらも元気をいただける仕事です

「ありがとう」とたくさん言っていただけるので、こちらも元気をいただける仕事です

私の母がホームヘルパーの仕事をしていて医療関係に興味を持ったのがきっかけです。小さい頃から、母からヘルパーの仕事を聞いていて、人と話をするのは好きな性格というのもあるのですが、一人暮らしのご年配の方の話し相手になって支えになったり、ありがとうと言ってもらえるという話を聞いていました。
短大では情報系・情報処理系でしたので、事務で医療に携わろうと思うようになりました。
現在では、よく来る患者さんとの世間話も楽しくさせていただいています。「ここの薬局に来ると楽しい。」とおっしゃっていただけたり、お薬の宅配、在宅医療、独り暮らしのご年配の方とお話をして、「来るのを楽しみにしていた。」とおっしゃっていただいたり「元気をもらった。」と言っていただけるのもすごく嬉しいです。

—白男川薬局に就職した理由は?

局内の雰囲気が良く、一般的な薬局よりも多くのスキルを身に着けられる環境に魅かれました

短大で就職活動をしている時に白男川薬局の求人を見つけました。スキルアップできる環境や患者さんと長く関わることができる職場がいいと思っていたので、研修内容が充実していることに興味を持ちました。また、当時は就職氷河期と言われた時期で、10社ほどを受けました。就職試験を受けて感じたことは、他の会社は集団面接で、がっちり固められて面接をするイメージでした。それに対して白男川薬局は、和やかで割りとリラックスした状態で話しやすい印象を受けました。局内の雰囲気が良かったのも白男川薬局へ入社しようと思った理由です。
一般的な薬局と違って、患者さんの処方を受け取って、お会計をするだけの仕事ではなく、患者さんと深く関われるスキルが身に付くのが特徴だと思っています。薬剤師の指導の下で調剤補助をするので、お薬の効果などを学ぶことができ、お薬の種類も覚えられてお客様とのコミュニケーションの役に立ちます。「ここまで携わってやっていっていいんだ。」という自分のスキルアップに繋がることが多く学べます。

—仕事内容は?

調剤薬局受付、調剤補助、レセプト請求関係、施設などへの請求など薬局事務の業務に加えて、月に一度の主任会議、事務などスタッフのシフト作成、かもいけ店も同時に見てるので、店舗ごとの管理をしています。
始めの勤務は和田店でした。当時は在宅医療などの知識がなく、病院やケアマネージャーさんとの連携を取るのに苦労しました。医療の現場というのは、様々な人との連携が大事なのだということを働いて初めて知りました。
私は、入社3年目の時に主任という責任ある立場に選んでいただきました。主任という仕事では他のスタッフの管理もさせていただきます。スタッフに気を配り、意見を集約することもあり、それまで以上にコミュニケーションを多く取ったり、良いコミュニケーションを取ることが求められるので成長を実感できます。

—仕事をする上で心掛けていることは?

心がけていることは、今の店舗は年上の方も多く、自分の価値観や自分の力だけではコミュニケーションを取るのは難しいので、周りのスタッフさん・他の店舗の主任さんに相談して、解決策を見つけたりすることです。
主任になってからは、施設の責任者の方や医師の先生と話す機会が増えたので、話し方に関しても以前より、失礼のないような話し方をするように気をつけるようになりました。
ドクターによっては、患者さんに合わせて通常とは違う処方(他に服用している薬との組み合わせを考えて)をするのでドクターにあわせて患者さんに理解していただけるようにお話をすることも配慮しています。施設へお薬を渡す時には、施設ごとで薬の管理の仕方がそれぞれ違うので施設側が管理しやすいようにするという観点を心がけています。
患者さんに対しては、一人一人来られるまでにそれぞれの経緯があり、今まで処方された薬やご家族構成などに合わせた対応や話し方があるので気を付けています。ご家族との関わり方もそれぞれのご家庭で違うので話し方を気を付けています。